一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:種村有菜


 こんばんわ〜!美月乃雫姫です♪

今日は一段と寒いですね〜(><)
所によっては吹雪で積雪10センチとか…
私の地元は、ただ寒いだけで雪とか降らないので、雪は羨ましかったりしますが、積雪しても大変ですよねf(^^;)

さて、12月になって、今年最後の月刊誌も続々と発行されましたね〜
私は、実は未だに少女漫画の「りぼん」を毎月買っていたのですが、12月発売の1月号を以って「りぼん」から卒業することにしました。

正確には、毎月読んでた連載漫画「桜姫華伝」の最終回をもっての卒業ですが。

去年の10月に種村有菜先生が現在の連載でりぼんをやめるという発表があって、その時はりぼんの購読は先生の連載が終了してもやめるつもりはありませんでした。

購読をやめようと思ったきっかけは、りぼんの編集さんとのやり取りでした。

今年の夏に埼玉で私の好きな種村有菜先生のサイン会があり、
そのサイン会は、別な先生もいらしていて、2名分のサインがいただけたのですが、
その別な先生にサインを書いていただいている間に、その先生についていた編集さんが、色々話しかけてくださって。
そのうち、
「え?もしかして、りぼん読んでたりするんですか?」
という話になり、(今思えば、読んでなかったらなんでサイン会に来るんだ;)
「もちろん毎月読んでますよ〜」
というと、なんだか微妙な反応されたんですよね。
えーと、一瞬ドン引きされたみたいな(笑)
身内か、知り合いの子の代理だとでも思ってたのでしょうねぇ。

サインをいただいて、おわかれして、種村有菜先生にサインしていただいて、お別れして。
サイン会が終わって、落ち着いてくるとさっきのやり取りが気になり始めて。

「りぼん」って小学生向けの漫画だし、いい加減おかしいから買うのやめよう…
と思い、種村有菜先生の「桜姫華伝」の連載終了までは買っていいことにしました。

思い返してみると、
おととし、「りぼん編集部を見学しよう!」ってな企画の時に友達と参加したんですが、
色々話した中で「りぼんは小学生向けの雑誌なんで…うんぬん…」と強調されてたんでした!
しかも、サイン会と同じ編集さんだよ確か!(笑)
あそこで気づくべきだよね…
いや、そもそも小学生向け雑誌を臆面なく買えてた無神経さを呪いたい…

漫画家デビューの年齢デッドラインは知ってたけど、読む側もやっぱり読むには「おかしい」年齢ってあるんですねぇ〜
読みたい漫画ってほとんど小学生か中高生向けなんで、今後漫画読めるかしら?

ともあれ、おばちゃん(笑)は、りぼん卒業しましたんで。
安心してこれからも発行されて下さい♪


しかし、漫画読む子って減ってる気がしますね。
前に会社で一緒に仕事していた子は、漫画は読まない、漫画の読み方すら知らないと言ってました。
読んだことないんじゃん;
えー?ウソマジで〜??
ってその時は言ってたけど、漫画読まない平成生まれは今後増えるかも知れませんね。

りぼんは、小学生の漫画家育成にかなり力を入れてる様子で、来月から漫画の描き方を連載漫画でスタートするみたいです。
今月号のふろくは、ミリペンでした。
今年は、ちょっと前の小学校漫画大賞受賞者で14歳の人がデビューしましたし。
やっぱ、漫画描くのは早いうちが良いのでしょうねぇ…。
若いっていいなぁ←

  • -
  • 23:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

thomasandfriends

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM